Serial Port Utility Pro

Unity3Dで使える強力なシリアルポート通信ユーティリティです。Android、Linux、MacOS、Windowsのマルチプラットフォームに対応。
開発者に使いやすいパワフルな通信ソリューションを提供するためのUnity拡張プラグインです。
このプラグインを使用して、通信以外の重要な作業に時間を費やしましょう。

概要と特徴

PCやマイコンとのデバイス通信をより簡単に実装でき、あなたのアイデアを最大限にサポートします。
応用: M2M, IoT, PLC, 施設制御, ホビーデバイス, ディープラーニング, FPGA UART.

  • Unityで簡単にシリアルポート通信を利用できます。
  • PCとマイコン(Arduino, Ftdi, Microchip, Cypress, Silicon Labs, etc.)の通信を簡単に行えます。
  • このプラグインではデバイス特有情報を指定して使用するデバイス直接的に選択できます。
  • Windows、MacOS、Linux、Androidなどのマルチプラットフォームに対応。
  • このプラグインは、ネイティブ処理で実行しUnityに最適化しています。よって低負荷で動作します。
  • イベント駆動型の受信システムを採用したため、分かりやすいプログラム構造になり、バグを生み出さないシステムを構築できます。
  • JSONフォーマットに対応し、クラスの変数に直接データを入れ込むシステムを搭載しています。
  • このプラグインでは、受信した文字列を自動的に処理して List<string>やDictionary<key, string>にコンバートします。
  • システムはネイティブコードで実装されており、処理が重く遅い.NET標準のSystem.IO.Portsを使用しません。
  • デバイスとの物理的切断が原因による終了のエラー検知。
  • USB, PCI, 組み込み系UARTなどの物理的通信をサポート。
  • Bluetooth SPP (Virtual COMPort)をサポート。
  • TCP Serial Port エミュレータ(サーバーモード及びクライアントモード)をサポート。

システム要件


  • Unity 5.5 以降, Unity 2017.x, Unity 2018.x (Personal and Proの両方で利用可能)
  • Windows 7 以降 (32-bit and 64-bit)
  • Mac OS X 10.10 以降(64bit)
  • Linux OS -> 2019年初頭に実装予定です。
  • Android 4.1(Jelly Bean) 以降
  • SerialPort デバイス(USB, RS-232C, RS-485)
  • Bluetooth デバイス
  • Ethernet, Wi-Fi (TCP/IPv4)

ダウンロード

  • 最終更新日:v2.01 – 2018年12月11日

サポート

OEM (Plugin)

  • 特定のハードウェアからのみ起動できるプラグインSDKを開発できます。
  • 「ABOUT US」ページからお問い合わせ。